FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を揺さぶられる‥

先日、自宅のポストの中に一通のハガキが届いてました
 
 素敵な木工作品の写真に、裏を見てみるとメッセージが‥『手作りおもちゃ良いですね。楽しみです。』

 それは大学の時に木工を教えて頂いた先生から届いた、展覧会の案内でした。

早速、今日は仕事の帰りに、先生の展覧会に行ってきました初めて行く場所だったのですが、迷わず到着。
 少し緊張の面持ちでギャラリーに入入ろうと思ったら、ショーウィンドーに飾られている作品に目が釘付けになりました。
 そこには木でできたリアルな電球がひとつ。言葉で表現するのは難しいのですが…リアルに電球なんです 木彫は動物や人間がモチーフになることが多いのですが、先生の作品は、ごく当たり前にあるような日常の風景です。

今回の展覧会だと、自販機やバス停、蛇口にホース等々。
モチーフをきちんと図面にひいて、忠実に作っていくのだとか。。(゜◇゜)

作品を完成させるのに、かなりの時間と力を使っているがヒシヒシと伝わってきますそして、使っている材料そのものにも時間をかけているのです。。

そう、私は思い出しました。私が大学生の時、木工室の近くに、木の廃材が積まれていて、私がそれを何かの作品に使おうとした時、先生に「これは作品に使えるまで、時間をかけて寝かせているものだから使っちゃダメだよ。」と言われたことを。

捨てられているものだとばかり思っていた私が恥ずかしい

日に当たり、雨に当たり、風に当たり…こうして時間が経過した木の肌の色は、趣のある良い味がでてくるのですね

先生の作品は、その歳を重ねた木の肌と、彫って現れた若い木の肌のコントラストが最高に美しな、と感じさせられました

先生とも久しぶりにお会いすることもできました

久々に心を揺さぶられた作品との出会いでした


☆携帯からご覧の方へ☆
木のおもちゃヴェルメのホームページへはこちら↓↓↓

http://warme221.web.fc2.com/i/index.html

※PC用のホームページのため、一部見れないページがございます。あらかじめご了承下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

warme

Author:warme
木のおもちゃ大好きな作り手が贈る、日々のてくてく日記です(*´∇`*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。